ここから本文です

6月の来日がキャンセルとなっていたNicky Siano、振替公演を開催

CDジャーナル 8月9日(火)17時5分配信

6月の来日がキャンセルとなっていたNicky Siano、振替公演を開催

6月の来日がキャンセルとなっていたNicky Siano、振替公演を開催

 アメリカ・ニューヨークにおける伝説的クラブ「The Gallery」の創設者として知られるNicky Siano。6月に予定していた来日公演〈The Gallery supported by Sarcastic〉は体調不良によりキャンセルとなっていましたが、本人の強い意向もあり振替公演が決定。8月19日(金)に栃木・宇都宮 SOUND A BASE NEST、8月20日(土)は東京・渋谷 Contact Tokyoと、2公演を行なうことを発表しました。

 振替公演に向けて、Nicky Sianoは「Larry Levanが逝ったのは1992年に日本でのツアーを終えてからで、2年前にはFrankie Knucklesもこの世を去った。そのことを今は強く実感しています。身体のことを考えると、ギグを減らさなければいけないと強く感じていた矢先で、6月に日本に行けなかったことは自分にとっても大きな事柄でした。長時間のフライトや体力的なことを考えると、日本でのギグをおこなうチャンスは限られています。おそらく今回が最後になるでしょう。もう一度機会を与えられたことに感謝をしつつ、日本のオーディエンスとパーティーを楽しめるように再び準備を始めようと思っています。少しの間だけ待っていてください。再会することを楽しみにしています」とコメントを発表。なお会場では、本イベントをサポートするウェア・ブランド「Sarcastic」(www.sarcasticclothing.com)とThe GalleryのコラボレーションTシャツが特別価格として税込4,000円で販売されます。

最終更新:8月9日(火)17時5分

CDジャーナル

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。