ここから本文です

『刺青の国』が萌酒サミットに出展決定 ほろ酔い気分で話題のシュミレーションを体験!?

ファミ通.com 8月9日(火)13時47分配信

●題して“『刺青の国』背徳の宴~酔いどれ試遊会~”
 日活が展開するゲームレーベル“SUSHI TYPHOON GAMES”の第一弾タイトル『刺青の国』。同作が、2016年8月14日に秋葉原にて開催される“第7回萌酒サミット”にて、プレイアブル出展されることが明らかに。題して“『刺青の国』背徳の宴~酔いどれ試遊会~”。


 “萌酒サミット”は、地方の萌酒が一同に集まる催しで、会場では萌酒を片手に『刺青の国』をプレイ……なんてことも可能っぽい。7月に京都で行われたBitSummit 4thに続いて、関東では初めてとなる『刺青の国』に触れられる機会をお見逃しなく! なお、ブースではステッカーを配布するとのことだ。

【萌酒サミットでの注意事項】
未成年者の飲酒防止の為、受付にて萌酒サミット用試飲カップを販売する際、年齢を確認させていただく場合がございます。
自動車・バイクでお越しのお客様は試飲ができません

最終更新:8月9日(火)13時47分

ファミ通.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。