ここから本文です

【中継録画】被災した東北3県と熊本県がポケモンGOと連携した復興を発表

THE PAGE 8月10日(水)8時52分配信

動画URL:https://www.youtube.com/watch?v=GaCrk-6bkYg
 東日本大震災で被災した岩手・宮城・福島の東北3県と熊本地震で被災した熊本県が、被災県観光復興を目的としてスマホゲームで人気の『ポケモンGO(Pokemon GO)』と連携する。
 これに伴い、4県とポケモンGOの開発・運営会社のナイアンティック社が10日午前10時より共同記者会見を行った。

連携する目的は「誘客促進」、「交流促進」で、具体的施策は、

1)ポケストップ、ポケモンジムの追加
2)ポケストップ、ポケモンジムを活用した周遊策
3)ポケモンGOと被災沿岸部地域を結ぶイベント開催

を予定している。

 開始時期については、各県の予算次第によって異なるが、秋頃を目指しているという。


【共同記者会見の出席者】
岩手県知事・達増拓也
宮城県知事・村井嘉浩
福島県企画調整部長・伊藤泰夫
熊本県東京事務所長・渡邉純一
(株)ナイアンティック代表取締役社長・村井説人

※THE PAGEではこの会見の模様を生中継しました。

最終更新:8月10日(水)13時15分

THE PAGE

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。