ここから本文です

韓国も猛暑 涼しいデパートやカフェの売り上げ伸びる

聯合ニュース 8月9日(火)10時58分配信

【ソウル聯合ニュース】韓国でも猛暑が続く中、涼を求める客のため関連業界の売り上げが伸びている。

 ロッテ百貨店によると、先月25日から今月7日までの売上高は前年同期比4.1%増加した。特に、家電製品の売り上げが前年同期比24.5%増加した。

 大型スーパー、イーマートの先月の売上高も昨年7月より8%増加するとみられる。

 今月1~7日までにイーマートで多く売れた品目は、輸入チェリーとスモモでそれぞれ63.5%、68.8%増加した。また、エアコンも53.0%増と猛暑を追い風に売り上げを伸ばした。

 プールを備えた都心のホテルには避暑客が多く訪れている。

 先月25日から今月7日までのロッテホテルソウルの宿泊商品販売は前年より2倍増加した。

 同ホテル関係者は「暑さを避けホテルで過ごす人が多い。プールがあり、デパートや映画館とつながっているので客が好んで訪れているようだ」と話した。

 6月から販売を開始したホテル「ザ・プラザ」の宿泊商品販売も前年同期比40%増加した。

 ここ2週間、スターバックスのアイスコーヒーの販売量は前週に比べ20%、炭酸飲料「Fizzio(フィジオ)」は14%それぞれ増加した。

 熱帯夜が続いていることから、深夜営業店への客足も伸びている。

 大手シネマコンプレックスのロッテシネマによると、今月1~7日の午後9時以降の観覧客数は前年同期比10%増加した。

 大手コーヒーチェーン店のホリーズコーヒーは24時間営業の店舗で先月の売り上げが前年同月比15%伸びた。

 業界関係者は「しばらくは猛暑が続くと予想されるため、屋内の涼しい場所を訪れる人はさらに増える」と見通した。

最終更新:8月9日(火)14時27分

聯合ニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。