ここから本文です

ディカプリオにまたそっくりさんが出現!五輪アーチェリーの選手が話題に

cinemacafe.net 8月9日(火)17時30分配信

先月、レオナルド・ディカプリオにそっくりと評判になったロシアのポチャ系救急隊員ロマン・ブルトセフさんに続き、リオオリンピックにもそっくりさんが出現した。

【写真】レオナルド・ディカプリオ/フォトギャラリー

そのそっくりさんとはアーチェリーの男子団体戦で銀メダルを獲得したアメリカのブレイディ・エリソン選手27歳。身長181センチ、体重86キロのがっちり体型もディカプリオを彷彿させる。

4年前のロンドンオリンピックでも団体戦で銀メダルを獲得したブレイディ選手。今回リオで見せたディカプリオそっくりの姿に観客は、「レオナルド・ディカプリオが俳優業を一休みしてオリンピックでアーチェリーを楽しんでいるよ」、「たったいま、レオナルド・ディカプリオが銀メダルを獲得しました」などと素早くツイッターで反応を示した。

レオは今年念願のアカデミー賞を手にし、ブレイディ選手もアーチェリーの選手としてオリンピックや世界選手権でメダルを何個も獲得してきた、どちらも“一流”であることが共通点だが、違いは何だろうか? 「ET online」によればブレイディ選手はディカプリオよりも14歳年下ながら、今年4月にアーチェリー選手の女性と結婚。数々のスーパーモデルとの交際が取り沙汰されてきたディカプリオは現在24歳のニーナ・アグダルと交際中で、2人の今後に注目が集まっている。

最終更新:8月9日(火)17時30分

cinemacafe.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。