ここから本文です

巨人・内海“筒香封じ”に自信 左腕トリオでDeNA斬りだ

デイリースポーツ 8月9日(火)6時2分配信

 巨人・内海哲也投手(34)が8日、先発する9日・DeNA戦での“筒香封じ”に意欲を燃やした。川崎市のジャイアンツ球場で調整し「対策はいろいろ思うことがある。筒香の前にランナーも出さないようにしたい」と意気込んだ。

 7月29日のヤクルト戦以来、中10日での登板に「体は元気な状態に戻った」と前向き。今カードは内海に続き、今村、田口が先発予定。梶谷、筒香と左の強打者をそろえる相手打線に、左腕トリオで対抗する。

 7日・広島戦は逆転サヨナラ負けで、連勝が7でストップ。それでも打線は好調でチームに悲壮感はない。「自分の投球ができるように。先陣を切って投げたい」。ベテランが勢いを再加速させ、広島を猛追する。

最終更新:8月9日(火)7時35分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9月30日(金)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。