ここから本文です

豪州の国勢調査、信仰宗教に「ジェダイ」と答えないよう無神論者団体が求める

映画.com 8月9日(火)17時30分配信

 [映画.com ニュース] 8月9日にオーストラリアで行われる国勢調査で、自らの信仰を「ジェダイ」と答えないように無神論者団体が訴えているという。豪ブリスベン・タイムズ紙が報じた。

 ジェダイは「スター・ウォーズ」シリーズに登場する正義の騎士のことで、銀河を司るエネルギー「フォース」を操る能力を持つという架空の存在だ。同国では5年に1度、国勢調査が行われているが、2001年の調査時に8000人以上が「ジェダイ」と答えれば政府が公式な宗教として認めるというデマが電子メールで出回ったことにより、06年に5万8053人、11年に6万4390人が自らの宗教をジェダイと回答した。

 昨年「スター・ウォーズ フォースの覚醒」が公開され、再びブームとなったいま、その数がさらに増えると推測される。無神論者団体Athesist Foundation of Australiaは、「国勢調査をジョークにしないでください」と訴えている。無宗教の人が冗談半分で「ジェダイ」を選択すると、オーストラリアが実際よりも宗教的な国として映ってしまうというのが理由で、無宗教の人は無宗教と回答するように求めている。

 「宗教の質問に正直に思慮深く回答することは重要です」と同団体のカイリー・スタージェス会長は説明する。「なぜなら、税金をいかに使うかという決断をくだすためには、現代のオーストラリアを正確に反映したデータにかかっているからです」。

 ちなみに、11年の調査では25%がカトリック、22%が無宗教と答えていた。

最終更新:8月9日(火)17時30分

映画.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。