ここから本文です

オスカー女優のブリー・ラーソン、映画監督デビューが決定

cinemacafe.net 8月9日(火)18時30分配信

今年『ルーム』でアカデミー主演女優賞に輝いたブリー・ラーソンが絶好調だ。

先月『Captain Marvel』(原題)に主演することが決定し、演じる主人公キャロル・ダンヴァースのコスチュームを着て役作りに励むキュートな姿をSNSに載せたブリー。この映画はかなりの大作になることが予想され、公開予定日は2019年3月とまだまだ先のこと。

【写真】ブリー・ラーソン/フォトギャラリー

ほかにも出演作が続々決定しているブリーだが、「The Hollywood Reporter」によるとそのうちの1本『Unicorn Store』(原題)はブリー本人が監督・プロデュースを兼ねている作品だ。

脚本を担当しているのはサマンサ・マッキンタイアでジャンルはコメディ。実家に戻って暮らすことになったキットがある店から不思議な招待状を受け取る。その店では“大人になることの本当の意味とは?”という考えを試されるのだとか。ブリーはキット役を演じると見られている。

元々はミゲル・アルテタが監督し、レベル・ウィルソンが出演予定だったものの、スケジュールの都合で一度話が流れてしまったそうだ。しかしプロデューサーチームが企画を温め続け、まだアカデミー賞を獲る前のブリーにアプローチをしたところ成功。今年10月からの製作を予定しているという。

ブリーにとって長編映画を監督するのは初めてではあるが、2012年に「The Arm」という10分のショートフィルムを共同監督して、サンダンス映画祭の短編部門で審査員特別賞を受賞している。

最終更新:8月9日(火)18時30分

cinemacafe.net