ここから本文です

元スペイン代表FWビリャ、『セサミストリート』に出演

ISM 8月9日(火)17時43分配信

 元スペイン代表FWダビ・ビリャ(34)が、アメリカで国民的な人気を誇り世界的にも愛されているテレビ教育番組『セサミストリート』に出演した。英『BBC』が現地時間8日に報じている。

 バレンシアやバルセロナ(以上スペイン)などで活躍したビリャは、現在MLS(アメリカ・メジャーリーグサッカー)のニューヨーク・シティに所属。『セサミストリート』の「Love to Learn」コーナーの収録に臨み、スポーツマンシップやチームワークの重要性をキャラクターたちに教えた。

 同選手は「僕はこのTV番組を観て育ったし、今は自分の子どもたちも観ている。昔から愛され続けている番組に参加することができて光栄だ」と喜んだ。

 ビリャはスペイン代表としてEURO2008や2010年W杯優勝を経験。バルサでも2011年のチャンピオンズリーグ制覇に貢献している。

 『セサミストリート』には過去にも、元イングランド代表MFデイヴィッド・ベッカム氏や、NBA界のスーパースターで昨季限りで現役を引退したコービー・ブライアント氏らも出演している。

最終更新:8月9日(火)17時44分

ISM

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。