ここから本文です

市光工業、自動車部品事業好調で経常黒字化 4-6月期決算

レスポンス 8月9日(火)13時8分配信

市光工業が発表した2016年4~6月期(第1四半期)の連結決算は、経常利益が1億8300万円の黒字に転換した。前年同期は2億8200万円の赤字だった。

[関連写真]

売上高は、用品事業が低調だったものの、国内の受注が自動車部品事業が好調だったことから、前年同期比5.1%増の248億5100万円と増収となった。

収益では、自動車部品事業が黒字化したほか、原価低減効果もあって営業利益は3億1800万円の黒字に転換した。四半期純利益は9400万円だった。

通期業績見通しは前回予想を据え置いた。

《レスポンス レスポンス編集部》

最終更新:8月9日(火)13時8分

レスポンス