ここから本文です

【体操男子】内村「めちゃめちゃ重い金メダル」白井「人生で一番心臓に悪い日は、一番幸せな日」

東スポWeb 8月9日(火)8時6分配信

【ブラジル・リオデジャネイロ8日(日本時間9日)発】体操男子団体決勝で、日本は合計274・094点で2004年アテネ大会以来3大会ぶりの金メダルを獲得した。

 内村航平(27=コナミスポーツ)の話「(金メダルは)めちゃめちゃ重いです。これまでのメダルで一番重い。僕たちの頑張りとかも入っているので倍以上に感じる。(金メダルだった)アテネ(五輪)は僕たちの中で超えられていないのかな。(でも)僕たちの歴史、五輪金メダルなのでそれでいいのかな」

 白井健三(19=日体大)の話「(金メダルを取った)実感はないですね。(得意の)床が(最終の)6種目目だったのは運命なのかな。ラインオーバーしないように気にしていた。人生で一番心臓に悪い日は、一番幸せな日ですね。(今後の種目別など)勢いが落ちないようにやっていきたい」

最終更新:8月9日(火)9時54分

東スポWeb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]