ここから本文です

【ムエローク】16歳・佐々木、国際戦初勝利で世界ランキング入り確実

イーファイト 8月9日(火)20時4分配信

「ムエローク八王子興行」
2016年8月6日(土)東京・八王子市富士森体育館

▼第9試合 メインイベント WMC世界スーパーフライ級ランキング戦 3分5R
○佐々木雄汰(尚武会/MuayThaiOpenスーパーフライ級王者、WPMF日本同級王者)
判定3-0 ※三者とも49-48
●ダニエル・ギレンバーグ(スウェーデン)

【フォト】天才少年・佐々木のヒザ蹴り

 佐々木はジュニアで国内はもとよりタイでも戦績を重ね、2015年6月に15歳でプロデビュー。WMC世界フライ級王者の貴・センチャイジムを首相撲でコカしまくり、結果はドローだったが関係者を驚かせた。その後、タイ人相手に2敗を喫したが、昨年12月にわずか5戦目でMuayThaiOpenスーパーフライ級王者となり、今年3月にはWPMF日本スーパーフライ級王座も獲得した。

 今回の対戦相手ダニエルは、ムエタイの国際ビッグマッチ『MAX MUAYTHAI』に出場している選手。佐々木にとっては7戦目にして初の西欧人選手との対戦となり、WMC世界ランキング入りの懸かった一戦となった。

 1Rはローキックで様子を見た両者。2Rになるとお互いに前蹴りでけん制しつつ、ダニエルはパンチでボディを狙う。佐々木は左右ローを放つが、手数は両者ともまだ少なめだ。

 3R、佐々木が前蹴りで距離を取り、右ストレート、右ヒジを打つ。ダニエルもパンチとミドルで攻め始めるが、首相撲からのヒザ蹴り勝負では佐々木が有利。

 4R、パンチで前に出てくるダニエルに佐々木はヒジ、ヒザを合わせる。特にヒザ蹴りがカウンターで決まり、中盤にはパンチでラッシュを仕掛けて優勢を印象付けた。

 5R、ダニエルの伸びる右ストレートをもらってしまう佐々木。スウェーでかわそうとしたり、首相撲で抑えにいったりするが、リーチのある相手のパンチが届いてしまう。試合終了のゴングが鳴ると両者とも手を上げて勝ちをアピールしたが、佐々木の判定勝ちとなった。

最終更新:8月9日(火)20時4分

イーファイト

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]