ここから本文です

【関屋記念】ピークトラム重賞初V&夏マイル王W獲りだ!

デイリースポーツ 8月9日(火)6時2分配信

 「関屋記念・G3」(14日、新潟)

 重賞初タイトル奪取に向けて、着実に前へと進んでいる。5歳の夏を迎えたピークトラムは、今年に入って5戦2勝。前走の中京記念では好位で粘り腰を発揮し、勝ち馬に0秒1差の2着と見せ場をつくった。

 橋口師が奮闘をたたえる。「先行して残ったのがこの馬だけだからね。強い競馬だったと思いますよ」。1、3着はいずれも4角後方から差してきた馬。それを思えば十分に胸を張れる内容だったと言えるだろう。

 久々の前走を使って型通りに気配はアップ。7日には栗東坂路で4F55秒4-40秒5-13秒1をマークし、状態を引き上げた。「馬体減りもすぐ戻ったし、疲れもなく、使ったあとの方が良化している」と指揮官は目下の充実ぶりに好感触をつかんでいる。

 新潟のマイル戦は歓迎だ。直近のV実績は2走前の谷川岳S。さかのぼれば13年の新潟2歳Sで、ハープスター、イスラボニータに続く3着という戦歴もある。「好条件ですね。自在性があって、展開は不問。前でも後ろでも、どんな形でも行けますし、そのあたりはジョッキーに任せて」。重賞初勝利に加えて、サマーマイルシリーズの制覇も懸かる一戦。得意の舞台できっちりとチャンスをモノにしてみせる。

最終更新:8月9日(火)7時59分

デイリースポーツ

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。