ここから本文です

【パンクラス】高谷を破ったマレガリエが2度目の参戦

イーファイト 8/9(火) 20:43配信

 10月2日(日)東京・ディファ有明で開催されるMMA(総合格闘技)イベント『PANCRASE 281』の追加対戦カードが発表された。

【フォト】高谷のバックを奪いパウンドを打ち込むマレガリエ

 6月大会で元DREAMフェザー級王者・高谷裕之に完勝した"アルゼンチンの虎"ことナザレノ・マレガリエ(TEAM TAVARES)の参戦が決定。フェザー級7位ガイ・デルモ(アメリカ/GUTSMAN)と対戦する。

 UFCとBellator(ベラトール)のアメリカ2大団体への参戦経験があるマレガリエ。アルゼンチン柔道選手権とブラジリアン柔術南米選手権を連覇した実績を持つ寝技のスペシャリストだ。MMA戦績は28勝4敗と大きく勝ち越しており、勝ち星のうち17勝が絞め技・関節技によるもの。

 パンクラス第1戦となった6月の高谷戦では、力強いタックルからテイクダウンを決め、巧みなポジションコントロールでバックを奪うと、パウンドとチョークでしつこく攻め続けた。高谷の持ち味である打撃を完全に封じる内容で大差の判定勝利。1戦目にしてランキング入りを果たした。

 対するデルモはパワフルなタックルとパンチを武器とするファイター。これまでに第6代修斗世界ライト級王者・田村彰敏や鹿又智成といった強敵を破った実力を持つ。昨年は2連敗を喫し、うち1つは高谷にTKO負けして付いた黒星。しかし、7月の再起戦では稲葉聡に見事なツイスターを極めて1Rで一本勝ち。復活の狼煙を上げた。

 力強い組み技の攻防が期待できる好カード。勝利を収めてランキング上位に食い込むのはマレガリエか、デルモか。

 また、そのデルモに敗れた田村の参戦も決定。前回6月大会では元アウトサイダー王者・啓之輔と対戦し、テイクダウンからトップポジションを終始キープするという手堅い試合運びで判定勝利。今回はMIKE(AACC)を相手に連勝を狙う。

<追加対戦カード>

▼フェザー級 5分3R
ガイ・デルモ(アメリカ/GUTSMAN/同級7位)
vs
ナザレノ・マレガリエ(アルゼンチン/TEAM TAVARES/同級10位)  
▼フェザー級 3分3R
田村 彰敏(総合格闘技 津田沼道場/第6代修斗世界ライト級王者)
vs
MIKE(AACC)

最終更新:8/9(火) 20:43

イーファイト