ここから本文です

<V6岡田准一>司馬遼太郎「関ヶ原」初映画化で主演 役所広司、有村架純の豪華キャストで

まんたんウェブ 8/10(水) 5:00配信

 人気グループ「V6」の岡田准一さんが、作家の司馬遼太郎さんの人気歴史小説を初めて映画化する「関ヶ原」で主演を務めることが、10日明らかになった。役所広司さん、有村架純さんも出演し、岡田さんが石田三成を、役所さんが徳川家康を、有村さんが三成を支える忍びの初芽を演じる。岡田さんは「(映画化に)僕自身、今から楽しみ」といい「歴史好きとして、本来の人物像に近いであろう『石田三成』を演じることができうれしく思います」とメッセージを寄せている。

【写真特集】有村架純の“最後の水着姿”

 役所さんは「信長、秀吉など、数々の戦国武将の成功と失敗を間近に見て学んできた家康が、

人生最大のばくち『関ケ原の戦い』に挑み、勝利するまでの心の動き、今からワクワクしています」と“興奮”を寄せている。また有村さんは、時代劇、忍び役として殺陣などのアクションにも初めて挑戦し「言葉や所作、アクション、一から覚える事がたくさんありますが出演されるキャストの方々のお芝居を見て勉強しながら、その時代を生きた人物として、石田三成の腰元として女を忘れしっかりと役目を果たしたい」と意気込んでいる。

 「関ヶ原」は、1964~66年に「週刊サンケイ」で連載され、66年に新潮社から初版単行本、74年には新潮文庫版全3巻が刊行され、現在までに単行本・文庫を合わせた累計発行部数580万部を超えるベストセラー作品。81年にドラマ化された。司馬遼太郎さんの作品が実写映画化されるのは、99年公開の映画「梟の城」以来、約18年ぶり。

 映画は、「第39回日本アカデミー賞優秀作品賞」などを受賞した映画「日本のいちばん長い日」の原田眞人さんが監督を務める。25年前に同小説の映画化を熱望したという原田監督は「日本の歴史上、もっとも有名な“天下分け目の合戦”を日本映画の巨匠たちが描かなかった不思議への挑戦」といい、2003年公開の映画「ラストサムライ」に俳優として出演し「大掛かりな合戦シーンを目の当たりにして、また新たな『関ヶ原』の構想が湧きました」とコメントしている。

 物語は、西暦1600年10月21日、戦国史上最大の決戦「関ヶ原の戦い」を舞台に、豊臣家への忠義から立ちあがり、圧倒的に有利といわれていた石田三成が、権力に燃え天下取りの私欲のために戦う徳川家康に敗れた理由には、“封印”された真実が隠されていた。さらに、三成を命懸けで守り、愛し続けた忍び・初芽との淡い恋も描く。2017年秋公開予定。

最終更新:8/10(水) 5:00

まんたんウェブ