ここから本文です

POPEYEで特集「ジャズと落語。」立川志の輔や清水ミチコがジャズ語る

お笑いナタリー 8月9日(火)12時7分配信

本日8月9日発売の雑誌「POPEYE」2016年9月号(マガジンハウス)にて「ジャズと落語。」と題された特集が組まれている。

【この記事の関連画像をもっと見る】

ジャズと落語はそれぞれ「スタンダード」「古典」と呼ばれる一定の型が存在したり、演者の効かせるアドリブが重要な要素であったりと共通点が多い。今号では、敷居の高さを感じさせがちなジャズと落語を一緒に楽しむためのさまざまなコンテンツが企画された。

巻頭はジャズ好きな落語家・立川志の輔、落語好きなジャズメン・山下洋輔のインタビュー。それぞれがジャズと落語をクロスオーバーさせた話を展開した。そのほか俳優・東出昌大がこれまでに聞いてきた噺を振り返るインタビュー、清水ミチコの「はじめてのジャズ」や中島歩の「はじめての落語」といったエッセイも掲載されている。

さらに新宿、神保町、渋谷、浅草、野毛の5つの街を巡る「ジャズと落語の街へ行こう」、ジャズ論や落語論を紹介する「夏の課題図書」といった記事も。「僕の好きなジャズと落語」と題されたページにはみうらじゅん、夢眠ねむ、藤原ヒロシなど30名が登場している。

最終更新:8月9日(火)12時7分

お笑いナタリー