ここから本文です

【競泳】萩野 200M自由形は7位「前半のスピードなかった」

東スポWeb 8月9日(火)10時57分配信

【ブラジル・リオデジャネイロ8日(日本時間9日)発】競泳男子200メートル自由形決勝で400メートル個人メドレー金メダルの萩野公介(21=東洋大)は1分45秒90で7位だった。

 5レーンの萩野は4レーンに準決勝全体1位の孫楊(24=中国)、6レーンに世界記録保持者のポール・ビーデルマン(30=ドイツ)に挟まれてのレースとなる。最初の50メートルは4位でターンした萩野だが、100メートルで8位に後退。得意の後半も伸びを欠き、個人2つ目のメダル獲得はならなかった。孫が1分44秒65でこの種目アジア勢初の金メダルを獲得した。

 準決勝の1分45秒45からタイムを落としてしまった萩野は「タイムも上がらず、順位も落とした。ちょっと(体が)ついてこれなかった。前半のスピードがなかった」と悔しさをにじませた。

 ただ、すぐに9日の800メートルリレーに気持ちを切り替え、「本当悔しいですけど、しっかりいいレースをしたい」と前を向いた。

最終更新:8月9日(火)11時36分

東スポWeb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]