ここから本文です

【競泳】入江は100M背泳ぎ7位「思っているタイムが出ていない」

東スポWeb 8月9日(火)11時16分配信

【ブラジル・リオデジャネイロ8日(日本時間9日)発】競泳男子100メートル背泳ぎで入江陵介(26=イトマン東進)は53秒42で7位に終わった。米国の新鋭ライアン・マーフィー(21)が世界記録に100分の3秒に迫る51秒97で金メダルを獲得した。

 入江は前半から遅れ、得意とする後半も伸び悩んだ。「メダルを目指していたのですごく残念。思っているタイムが出ていない。悔しい」と硬い表情だった。ロンドン五輪では3つのメダルを獲得したが、リオではまだ満足した泳ぎができていない。

 それでも、本命の200メートル背泳ぎ、メドレーリレーに向け「気持ちを切り替えて強い心を持ってやりたい。100と200は泳ぎが違うので勝負できるようにしたい」と巻き返しを誓った。

最終更新:8月9日(火)11時49分

東スポWeb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]