ここから本文です

JALと徳島県が包括連携---地域の活性化

レスポンス 8月9日(火)14時2分配信

日本航空(JAL)は、地域の活性化に貢献することを目的に、徳島県と包括連携協定を締結する。

[写真:阿波踊り]

JALが西日本地区で包括連携協定を締結するのは今回が初めて。これまでも「JAL 新・JAPAN PROJECT」などを通して、徳島県の「観光」や「食」の振興に協力してきたが、今後、「徳島ブランド」や「あわ文化」のPR、災害時の支援など、幅広い分野で徳島県と連携する。

協定締結による取り組みの第1弾として、「あわ文化」を代表する伝統産業「阿波藍」を、羽田空港で阿波藍染めのファッションショーを開催するなど、国内外に発信する。

また、今後は・「絆はぐくみプロジェクト」のもとで、乗継割引運賃の拡大・拡充を実施する予定。

「絆はぐくみプロジェクト」は、北海道と徳島、JALが連携し、交流人口の拡大に向けて乗継割引運賃の設定や、札幌(新千歳)=徳島線の運航などを行い、広域間・双方向流動の活性化を図るための取り組み。

《レスポンス レスポンス編集部》

最終更新:8月10日(水)21時56分

レスポンス