ここから本文です

「シン・ゴジラ」公式本に庵野秀明の5万字インタビュー掲載、特撮用ミニチュア紹介も

映画ナタリー 8月9日(火)12時35分配信

全国ロードショー中の「シン・ゴジラ」の公式記録集「ジ・アート・オブ シン・ゴジラ」が11月3日に発売される。

【この記事の関連画像をもっと見る】

本書は、「シン・ゴジラ」制作にまつわるすべてを収録したもの。総監督・庵野秀明への5万字以上に及ぶロングインタビューを筆頭に、企画メモやプロット、デザイン画、美術セットや特撮用ミニチュアの紹介などが500ページ超にわたって掲載される。

そのほか劇中に登場したゴジラのデザイン画やひな形模型の写真、メイキングスチルによる撮影現場紹介なども。映画の完成台本が別冊付録として同梱されるので、ファンは発売を楽しみに待とう。

※記事初出時より発売日が変更になりました。

「ジ・アート・オブ シン・ゴジラ」収録内容(予定)
・庵野秀明ロングインタビュー(本書のみの独占掲載)
・主要スタッフインタビュー
樋口真嗣、尾上克郎、前田真宏、竹谷隆之、鷺巣詩郎、山内章弘、佐藤善宏、佐藤敦紀、大屋哲男、山田康介、林田裕至、佐久嶋依里、山田陽、野口透、稲付正人、三池敏夫、摩砂雪ほか
・「シン・ゴジラ」はこうして作られた! 庵野秀明による企画メモやプロット、脚本(準備稿、決定稿、最終決定稿)、各クリエイターのデザイン画やイメージボードなどを網羅して収録
・前田真宏による「シン・ゴジラ」デザイン画
・竹谷隆之による「シン・ゴジラ」ひな形写真
・メイキングスチルによる撮影現場紹介
・ゴジラをはじめとするCGモデリング画像
・美術セット、特撮用ミニチュアそのほか劇中登場アイテム
・ポスター、チラシなど広告媒体、サントラCD、エキストラ参加記念品など関連アイテム
・完成台本(関係者配布用製本と同仕様)を別冊付録で同梱
・描き下ろしイラストポスター(前田真宏、鶴田謙二)封入

最終更新:9月7日(水)20時9分

映画ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。