ここから本文です

39歳・福留、42歳イチローの偉業に刺激 史上最年長首位打者へ突っ走る

デイリースポーツ 8月9日(火)9時0分配信

 阪神・福留孝介外野手(39)が8日、マーリンズ・イチローのメジャー通算3000安打達成を祝福した。大先輩に負けじと福留もこの夏は絶好調。打率リーグ5位につけ、目標の史上最年長首位打者も射程圏内。イチローの大記録を励みにして、9日からの広島3連戦(マツダ)でも打棒を爆発させる。

 途方もなく、異次元の数字だ。メジャーを経験したからこそ、イチローのすごみ、記録の重みを実感できる。東京から広島への移動前。福留は祝福の言葉に、最大限の敬意を込めた。

 「オレらがコメントするうんぬんじゃなくて、ただ単にすごいの一言です」

 イチローと同じ右投げ左打ちの外野手。08年からの5年間をメジャーでプレーし、498安打を放った。06、09年のWBCでは共に日の丸を背負い、世界一を経験した。天才バッターが汗を流す姿も間近で見てきた。

 「オレらと次元が違うところでされている感覚があるし、3000本打つという数字を残す努力をされているのを近くで見ているし。ただ単にすごい。おめでとうございます。それだけです」

 大先輩の大記録を励みにして、9日から敵地で首位・広島に挑む。この夏、42歳のイチローに負けじと、39歳の福留も絶好調だ。8月は16打数6安打、2本塁打、打率・375。暑さ対策は「腹に入るものは何でも食べる!寝たいときに寝る!」と実にシンプルだ。

 「特別何もすることはない。自分ができることをやろうと思って、その中でこの夏場になっても成績を落とさずやれている。自分の中で気をつけてやっている。それができるように、これからもやっていくだけです」

 前日7日・ヤクルト戦(神宮)では勝負を避けられ、自己最多の1試合5四球を選んだ。打率・327はリーグ2位から5位に後退したが、史上最年長首位打者も射程圏に捉えている。ただ個人成績に関しては「何も」と意に介さず。4番打者らしく「自分たちがやることをやるだけ」と広島3連戦へ視線を向けた。

 4カード連続勝ち越しこそ逃したが、夏場を迎えてチームに上昇気配が漂う。福留自身、対広島は打率・373、マツダスタジアムでの打率も・381と抜群の相性を誇る。日米通算2000安打を達成した広島で、福留が勢いをさらに加速させる。

最終更新:8月9日(火)9時18分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報