ここから本文です

日立、岡山市から指静脈認証とパスワードによる二要素認証システムを受注

ITmedia エンタープライズ 8月9日(火)10時24分配信

 日立製作所は8月8日、岡山市から、指静脈認証とパスワードの2種類の認証手段を組み合わせた二要素認証システムを受注したと発表した。

 このシステムは、岡山市の約40拠点の職員が住民基本台帳や税・社会保障関連などのマイナンバーを取り扱う業務に利用する1600台のPCへログインする際に二要素認証を実施するもの。これにより岡山市は、情報セキュリティの高度化を実現し、徹底的に個人情報流出の抑制を図るとし、2017年1月の稼働開始を予定している。

 この背景には、マイナンバー制度の開始に伴う情報セキュリティの強化に向けた取り組みを進めていることがある。また、2015年11月に公表された総務省の「自治体情報システム強靭性向上モデル」では、マイナンバーを取り扱う業務で利用するPCなどの端末を外部ネットワークから遮断し、端末へのログインには2種類の認証手段を組み合わせた二要素認証を行うことが求められている。

 指静脈認証技術は、日立が開発した生体認証技術で、近赤外線を指に透過させて得られる指の静脈パターンの画像から静脈の存在する部分を構造パターンとして検出し、あらかじめ登録した静脈の構造パターンと照合させて個人認証を行う。指静脈は体内の情報であるため、偽造やなりすましが極めて困難とされており、日立は、これより高いセキュリティ性を実現するとしている。

 慎重に取り扱う必要があるマイナンバーに関連するシステムに、高いセキュリティが期待される生体認証技術を利用した取り組みは公民問わず、今後も利用が進み、市場のすそ野がさらに広がっていくとみられる。

最終更新:8月9日(火)10時24分

ITmedia エンタープライズ