ここから本文です

北海道内での『カシオペア』運行がひとまず終了

レスポンス 8月9日(火)17時0分配信

6月4日上野発から始まった北海道内での『カシオペア』臨時運行が、8月6日上野発の「カシオペアクルーズ」をもってひとまず終了した。

[関連写真]

『カシオペア』の臨時運行は、6~8月の間、3泊4日で北海道内を周遊する「カシオペア紀行」が3回、上野~札幌間を往復する「カシオペア紀行」が7回行われた。「カシオペア紀行」の運行終了後は、JR東日本管内を周遊するクルーズ列車や夜行列車として運行される予定で、北海道への運行も数日は計画されるというが、夏の運行はこれが最後となる模様。

北海道内で下りの最終運行となった8月7日は、早朝にもかかわらず函館本線五稜郭駅にマニアが大勢待ち構え、ホームでは函館からやってきた道南いさりび鉄道木古内行き120Dと並ぶシーンも見られた。また、8月8日札幌発では、上り列車の運転開始日となった6月6日と同様に、下り列車のクルーが見送るシーンも見られた。

《レスポンス 佐藤正樹(キハユニ工房)》

最終更新:8月9日(火)17時0分

レスポンス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]