ここから本文です

山室、最初のあん馬で落下「どうしようかと思った」金メダルで顔クシャクシャ

デイリースポーツ 8月9日(火)10時4分配信

 「リオ五輪・体操男子団体・決勝」(8日、リオ五輪アリーナ)

 予選4位だった日本(内村航平、加藤凌平、田中佑典、山室光史、白井健三)は、平行棒、床など得意種目で得点を伸ばし274・094点をマークし、アテネ五輪以来となる3大会ぶり7度目の金メダルを獲得した。

 山室は1種目目のあん馬で、マジャール移動の際にポメルから手が外れて落下した。それだけに、最後の床が終わり、他国の結果で金メダルが確定すると、顔をクシャクシャにして安堵(あんど)の気持ちを表した。

 表彰式後は「最初に自分がミス。落ちたときどうしようかと思ったが、次の種目があったので声を出すしかなかった。みんないいムードだった。みんなに感謝します」と話すと、金メダルのかかった胸をなで下ろしていた。

最終更新:8月9日(火)10時13分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]