ここから本文です

ネイバー 人工知能使用の通訳アプリをリリース=日本語も

聯合ニュース 8月9日(火)14時51分配信

【ソウル聯合ニュース】韓国のインターネットサービス大手NAVER(ネイバー)が9日、人工知能(AI)技術を活用した多言語の自動通訳アプリ「papago」の配信を始めた。韓国語と日本語、中国語、英語の4言語を通訳・翻訳する。

 一般的なテキストや音声だけでなく、写真の中の文字を通訳・翻訳することも可能だ。複数の意味を持つ単語は画像と一緒に示し、金額が出てきた場合は現在のレートを知らせるなど、分かりやすくした。

 NAVERは2018年に韓国で開催される平昌冬季五輪に訪れる外国人が積極的に利用するよう、品質の向上に取り組む。

最終更新:8月9日(火)14時59分

聯合ニュース