ここから本文です

攻殻機動隊S.A.C.と甲殻類がコラボ!?日本酒「甲殻機動隊」発売

映画ナタリー 8月9日(火)15時3分配信

神山健治の監督作「攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX」と、カニの名産地として知られる京都・宮津市の白糸酒造がコラボした日本酒「甲殻機動隊」が発売される。

【この記事の関連画像をもっと見る】

同商品は、”攻殻”の文字が甲殻類の”甲殻”と変換ミスされやすいことを逆手に取り、命名されたもの。日本酒には、オールシーズン飲み頃の山廃純米ひやおろしが採用された。「攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX」のキャラクター、タチコマとカニが遭遇した様子を描いたラベルイラストは、Production I.Gのアニメーター・西尾鉄也の描き下ろし。ラベルと同じデザインの特製ハガキ付きで、ファンにはうれしいアイテムとなっている。

日本酒「甲殻機動隊」は、白糸酒造公式サイトにて8月10日より販売開始。各店舗での発売日は決定次第、同サイトにて告知される予定だ。

最終更新:8月9日(火)15時5分

映画ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。