ここから本文です

萩野公介「本当悔しい」200m自由形7位 序盤スピード乗れず

デイリースポーツ 8月9日(火)10時27分配信

 「リオ五輪・競泳男子200m自由形・決勝」(8日、五輪水泳競技場)

 男子400m個人メドレーで金メダルを獲得した萩野公介(21)は1分45秒90で7位に終わった。優勝は1分44秒65の孫楊(中国)。

【写真】200メートル自由形で7位でゴールした萩野公介

 準決勝を全体2位の1分45秒45で通過した萩野は5レーン。集団に食らいつく萩野だったが先頭を追う展開が続き、100mを終えた時点では8番目。終盤、必死の追い込みも届かなかった。

 レース後、「タイムも上がらず、順位も落として…」と苦笑い。「最後の50でと思ったんですけど、それよりもやっぱり、もっと前半のスピードがなかったらだめだったなと思いましたね。自分は自分の実力を出し切るだけであって、それがほかの選手よりできなかった」と反省を口にした。

 まだ800mリレー、200m個人メドレーと種目を残している。「本当今日、悔しいですけど、気持ち切り替えて、またいいレースをしていきたいです」と前を向いた。

最終更新:8月9日(火)11時47分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]