ここから本文です

冨樫義博、地元・新庄の広報誌表紙を描く!「HUNTER×HUNTER」の面々も登場

コミックナタリー 8月9日(火)15時52分配信

本日8月9日に発行された山形県新庄市の広報誌「広報しんじょう」8月号で、冨樫義博が表紙イラストを描いている。

【この記事の関連画像をもっと見る】

「広報しんじょう」は毎月1回、新庄市内の全世帯に配布される広報誌。冨樫による表紙は、同市ゆかりのマンガ家が「広報しんじょう」の表紙をリレー方式で描くという企画により実現した。冨樫は同市出身で、1994年には市のイメージキャラクター“かむてん”も描き下ろしている。

表紙には「HUNTER×HUNTER」のゴン、キルア、クラピカなどお馴染みの面々が、祭りの山車とともに登場。誌面には冨樫からの直筆コメントも掲載されている。なお「広報しんじょう」は他地域への発送が行われていないので、一般公開されているデジタルブックにて確認するか、新庄市役所に足を運んで手に入れよう。

最終更新:8月9日(火)15時52分

コミックナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。