ここから本文です

デルタ航空、本社停電で740便以上欠航 バックアップシステムへの切替失敗

ITmedia ニュース 8月9日(火)11時52分配信

 米Delta Air Linesのジョージア州アトランタにある本社で8月8日(現地時間)に停電があり、その影響で世界規模で740便以上が欠航になった。Deltaは本稿執筆現在も原因を調査中としている。

謝罪するエド・バスティアンCEO

 Deltaの発表によると、8日午前2時半ごろに、アトランタで停電が発生し、システムに障害が起きた。停電の際はバックアップシステムに切り替わるはずだったが、何らかの原因で切り替えに失敗したという。その原因を調査している。

 米Wall Street Journalによると、同社に電力を供給している米Georgia Powerの広報担当者は停電の原因は“スイッチギア”(家庭用のヒューズボックスの大規模なもの)の問題によるものと説明した。

 Deltaの8日午後7時(日本時間の9日午前8時)の発表では、午後6時にはシステムが完全に復旧したものの、まだ遅延や欠航はあり、その時点で予定されていた約6000便中3340便のみ運航したとしている。

 Deltaのエド・バスティアンCEOはビデオメッセージで謝罪し、影響を受けたすべての顧客に対し、delta.comあるいは予約エージェントを通じて払い戻しすると語った。

最終更新:8月9日(火)11時52分

ITmedia ニュース