ここから本文です

「歯ブラシ立て?」 表彰式での音声がガッツリ拾われる白井健三選手 → めっちゃ拡散されてトレンド入りを果たす

ねとらぼ 8月9日(火)12時58分配信

 オリンピックでの金メダルを3大会ぶりに獲得した体操団体日本代表。その表彰式で渡された記念品について、白井健三選手が発したあどけない一言が話題になっています。

【普通の歯ブラシ立てとは違います】

 表彰台の上で首から金メダルを下げ、手渡された記念品をしげしげと眺めながら、隣の加藤凌平選手に「歯ブラシ立て?」と聞く白井選手。試合中の緊張感から開放され、笑顔で率直な感想をつぶやいたこの様子は、音声をガッツリ拾われてしまい、ネット上に広く拡散される事態に。

 ちなみにこの記念品は、色の違う3人が手を取り合う姿を3Dで再現したリオ五輪のロゴがモチーフ、前衛的なデザインの歯ブラシ立てに……まぁ、見えなくはない。

 この白井選手の“歯ブラシ立て発言”は一時Twitterトレンドに入り、Yahoo!の急上昇ワードにも登場するなど大きな話題になり、Twitterには「私もあんな歯ブラシ立て欲しい」「歯ブラシ立てとして使って欲しい」「歯ブラシ立て発言に和ませてもらった」などのツイートが投稿されています。確かに欲しい。

 19歳という若さで代表入りし金メダル獲得に貢献した白井選手には、演技中の頼もしい姿と表彰台でみせたあどけない一言のギャップに萌える女性も続出。今後ますます人気が出そうです。

最終更新:8月10日(水)15時25分

ねとらぼ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]