ここから本文です

「電車でGO!」アーケード版最新作が来春稼働 全4画面搭載の大型筐体で運転士の仕事をリアルに体験

ねとらぼ 8月9日(火)13時32分配信

 タイトーが電車運転シミュレーター「電車でGO!」シリーズの稼働20周年を記念して、アーケード版最新作「電車でGO!!」を発表。よりリアルさを増した“電車運転士体験ゲーム”として、来春から稼働を開始します。

【筐体の中は大迫力】

 初代アーケード版が1996年に稼働開始した同シリーズ。実物の形状を再現したマスコンとブレーキで、リアルな運転操作を体験できます。最新作では3画面の大型ディスプレイを採用し、広い視界に車窓風景を表示。さらに、実際の鉄道車両モニターをイメージしたタッチパネルを搭載し、運転席の再現性を増しています。

 用意される路線は、山手線をはじめとする実在のもの。今回は乗車率や季節などが、運転士の業務に影響を及ぼすようになりました。稼働開始後は、オンラインアップデートによる全国のさまざまな電鉄・路線の追加を予定。

 同社はiOS/Android用パズルゲーム「連結!電車でGO!!」も今冬にリリース予定。「電車でGO!!」との連動も予定されています。

(C)TAITO CORPORATION 1996, 2016 ALL RIGHTS RESERVED.

※開発中につき、製品版ではデザインが変わる可能性があります。

(沓澤真二)

最終更新:8月9日(火)13時32分

ねとらぼ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]