ここから本文です

五輪“体操特需”池谷幸雄の解説「出川の声に似てる」の指摘殺到

デイリースポーツ 8月9日(火)15時25分配信

 リオデジャネイロ五輪の体操男子団体で、日本代表がアテネ五輪以来となる12年ぶり7度目の金メダルを獲得したことを受け、9日のテレビの情報番組には体操の五輪メダリストでタレントの池谷幸雄(45)が解説として出演。テンション高く日本代表の偉業を解説し、ネット上では池谷の声が出川哲朗に似ているとの、意外な指摘が相次いだ。

 池谷は午後には日本テレビ系「情報ライブ ミヤネ屋」(月~金曜、午後1・55)に出演。「やりました!いろんな番組で大丈夫だと言ってましたので、僕もハラハラしてましたよ」と歓喜。ミスを連発し予選4位からの逆転を果たした日本代表を「悪い膿を出し切って、ミスを逆にとらえることができたのでは」と分析し、軽妙なトークながらも、種目の順番など専門的な視点からの解説を行った。

 ただネット上では、朝から「池谷幸雄の話し方が出川哲朗そっくり」「出川かと思ったら池谷だった」「出川っぽいな」「ベラベラしゃべるから出川の声に聞こえる」とのコメントが次々に投稿された。

最終更新:8月9日(火)15時33分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。