ここから本文です

足立梨花「傷だらけの悪魔」場面カット公開、追加キャストに宮地真緒や川原亜矢子ら

映画ナタリー 8月9日(火)20時12分配信

足立梨花が主演を務める「傷だらけの悪魔」の場面カットが公開。あわせて追加キャストが発表された。

【この記事の関連画像をもっと見る】

澄川ボルボックスの同名マンガを原作とする「傷だらけの悪魔」は、ある田舎町の高校を舞台に、いじめ問題に揺れる女子高校生たちの姿を描く学園ドラマ。中学時代にいじめていた小田切詩乃から復讐される主人公・葛西舞を足立、詩乃をSeventeen専属モデルの江野沢愛美が演じる。

このたび明らかになった追加キャストは宮地真緒、川原亜矢子、仲谷香春、芋生悠、高野海琉、中島愛蘭、花影香音、ガールズグループ・La PomPonのYUKINOら。宮地は舞の担任・大瀬戸翠、川原は舞の母親・京子に扮する。

また、足立と江野沢からのクランクアップ報告コメントが到着。足立は「映画ならではの舞ちゃんを皆さんに見てもらうのが楽しみでもあり不安でもあります。ただ、みんなで考えて、ものすごく悩んだ作品なので待っていてくれるとうれしいです」、江野沢は「(詩乃は)自分とは真逆の性格の役でたくさん悩みましたが、とてもやり甲斐があり毎日が刺激的な日々でした。みんなで必死に必死にがんばってできあがる作品なのでぜひ期待してください!」と述べている。

「傷だらけの悪魔」は、2017年2月より東京・角川シネマ新宿ほか全国で公開。

足立梨花 コメント
無事に撮影が終わりまして……いろいろな気持ちを持ちながら撮影をしていたので、ホッと一安心しました。映画ならではの舞ちゃんを皆さんに見てもらうのが楽しみでもあり不安でもあります。ただ、みんなで考えて、ものすごく悩んだ作品なので待っていてくれるとうれしいです。

江野沢愛美 コメント
お芝居がこんなにも難しく、(詩乃は)自分とは真逆の性格の役でたくさん悩みましたが、とてもやり甲斐があり毎日が刺激的な日々でした。みんなで必死に必死にがんばってできあがる作品なのでぜひ期待してください!



(c)2017 KIZUAKUフィルムパートナーズ (c)澄川ボルボックス/comico

最終更新:8月9日(火)20時12分

映画ナタリー

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。