ここから本文です

「教授会等でもまったく報告されなかった」 同性愛を暴露され自殺した事件を受け、一橋大学のジェンダー社会科学研究センターがコメント発表

ねとらぼ 8月9日(火)17時27分配信

 一橋大学大学院社会学研究科のジェンダー社会科学研究センター(CGraSS)は、同大学の法科大学院に所属する学生が同性愛者であることを周囲に暴露され自殺した事件について、「本学法科大学院における事件の報を受けて」と題するコメントを発表した。

【「8月5日の報道により初めてこれを知った」】

 同センターは2007年に社会学研究科付属研究センターとして創設され今年度で10周年。男女の性区別(ジェンダー)に関する研究などを行う教育拠点で、同性愛者への理解を促す活動を積極的に進めてきた他、同性愛者を対象に含めたハラスメント・ガイドラインを制定していたという。

 発表では、「この件については教授会等でもまったく報告されておらず、ほとんどの教員は8月5日の報道により初めてこれを知った」と報道されるまで事実を知らされていなかったことを明かし、「私たちは深い悲しみと怒りを感じています。自死に至った学生の苦悩とご遺族のお気持ち、また、この報道に接した学生の皆さんが感じているであろう恐怖や不安を思うと、やりきれない気持ちでいっぱいです」とコメントした。

 この事件をめぐって、男子学生が自殺直前に学内のハラスメント相談室に連絡していたなど、大学側の対応も問題視されていた。同センターは大学当局へ誠実な対応を求めるととともに、相談業務などのサポート体制の点検も行うなど、学生を全力で支援するとしている。

最終更新:8月9日(火)17時27分

ねとらぼ