ここから本文です

ゆくえ高那が、高校球児のおバカな日常描く「ちょっとまて野球部!」1巻

コミックナタリー 8月9日(火)21時28分配信

「睨めば恋」「てぃ先生」などで知られるゆくえ高那(ゆくえ萌葱)の新作「ちょっとまて野球部!-県立神弦高校野球部の日常-」の1巻が、本日8月8日に発売された。

【この記事の関連画像をもっと見る】

同作の舞台は、日本一平均的な県立高校の硬式野球部。元気な大堀、よく食べる秋本、クールな宮田という1年の3バカトリオを中心に、ふざけつつも学業と部活をがんばる高校球児たちの日常が描かれていく。季刊誌・ゴーゴーバンチ(新潮社)にて連載中だ。

発売を記念し、アニメイト、文教堂&アニメガ、こみらの!提携書店、喜久屋書店では、それぞれ絵柄の異なるペーパーを特典として配布している。配布状況の詳細は店舗ごとに確認を。

最終更新:8月9日(火)21時28分

コミックナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。