ここから本文です

「おそ松さん」女性用下着は6つ子のブリーフをイメージ!チョーカーも登場

コミックナタリー 8月9日(火)21時55分配信

赤塚不二夫原作のテレビアニメ「おそ松さん」をモチーフにした女性用下着とチョーカーが、SuperGroupiesより発売される。

【この記事の関連画像をもっと見る】

下着はノンワイヤーブラとガールズブリーフのセットで、6つ子それぞれのカラーにあわせた6種類がラインナップ。彼らの穿いているブリーフがイメージされたデザインで、ブラの胸元とブリーフのサイドには生まれ順の数字が刺繍されている。また松モチーフがデザインされた巾着も付属し、巾着の裏には“松野”から始まるネームスペースがプリント。またチョーカーも6つ子カラーの6種類展開で、さまざまなコーディネートに合わせやすいパステルカラーに仕上げられた。

価格は下着セットが8424円、チョーカーが4104円。SuperGroupiesでは本日8月9日より28日まで予約を受け付けており、商品は10月下旬頃に届けられる。準備数に達し次第、予約は締め切られるので手に入れたい人はお早めに。

(c)赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会

最終更新:8月9日(火)21時55分

コミックナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。