ここから本文です

格安SIMではFREETELが安定――キャリア3社&MVNO主要7社の通信速度を調査

ITmedia Mobile 8月9日(火)19時9分配信

 リーディアは、8月9日に同社が運営する「スマートプラン.com」でキャリア3社とMVNOの主要7社の通信速度を測定し、比較した結果を公開した。

【下り速度の結果】

 調査に使用した端末はNTTドコモ、KDDI、ソフトバンクの「Galaxy S6 edge」で、速度測定アプリ「Speedea」を利用。測定場所は東京駅八重洲中央口で、回線が混雑する12時台と、比較的空いている14時台の2回に分けて試験を実施した。結果には同一場所で3回測定した平均値を利用している。

 測定対象回線は、大手キャリアのNTTドコモ、KDDI、ソフトバンク、Y!mobileと、ドコモ回線を使ったMVNOサービスのFREETEL、イオンモバイル、OCN モバイル ONE、楽天モバイル、IIJmio、KDDI回線を使ったMVNOサービスのUQ mobile。

 本調査ではKDDIの上り速度に低い値が見られたものの、キャリア3社は混雑時も快適な通信速度を実現。Y!mobileの受信速度(21.3Mbps)もソフトバンクと差がなく、コストパフォーマンスが高いとしている。

 NTTドコモ利用回線を利用している格安SIMの中では、FREETELの受信速度(11.3Mbps)が混雑時でもWeb/動画閲覧などを問題なく行える数値となっている。一方、楽天モバイルとIIJmioは接続も困難な状況。また、UQ mobileは通常利用には問題ない程度の下り速度を確保できたが、同様の料金体系を持つY!mobileと比較すると振るわない結果となった。

基本情報から価格比較まで――格安SIMの情報はここでチェック!→「SIM LABO」

最終更新:8月9日(火)19時9分

ITmedia Mobile

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]