ここから本文です

広島 三回に5点を先制、復帰の石原から8連続出塁

デイリースポーツ 8月9日(火)19時30分配信

 「広島-阪神」(9日、マツダスタジアム)

 広島が三回、下位打線から四死球を挟んで、4連打などで5点を先制。この回途中で阪神の先発・岩貞を早々とKOした。

 三回の攻撃が始まる直前、早々と円陣を組んで臨んだ。「脳しんとう特例措置」で抹消されていた石原が、復帰後初打席で左前打を放った。続くジョンソンは阪神のバントシフトにバスターを仕掛ける。打球は左中間に飛び、無死二、三塁の好機を作った。

 田中の死球で無死満塁。打席に立った菊池は1ボール2ストライクから4球目、内角高め145キロの直球は左前に運んだ。「打ったのはストレート。1打席目にやられていたので、チャンスでやり返せてよかったです」。7日の巨人戦(マツダ)では、9回2死から起死回生の同点弾。新井のサヨナラ打につなげるなど、打撃は依然として好調を維持する。

 続く丸が押し出し四球を選ぶと、ルナの左前適時打で2点を追加。「打ったのはカットボールかな。1打席目のチャンスで凡退したので、2打席目で取り返せてよかったです」と振り返った。新井を四球で歩かせた所で、岩貞の交代が告げられた。さらに代わった松田から鈴木が、押し出し四球を選んで5得点。打者一巡、8者連続出塁で大量リードを奪った。

最終更新:8月11日(木)9時13分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9月27日(火)