ここから本文です

生田斗真&ウエンツ 18年振り共演で感激抱擁「キャイ~ンさんにお世話になった」

デイリースポーツ 8月9日(火)19時33分配信

 俳優・生田斗真(31)とウエンツ瑛士(30)が、9日放送の日本テレビ系「火曜サプライズ」(火曜、午後7・00)に出演し、子役時代以来18年振りの共演を果たした。

 2人は番組のロケ先で“再会”すると、満面の笑みで「うわ~」と抱き合った。ウエンツが「カメラの前で共演するの…」と切り出すと、生田が「何年振りでしょうか…」と応じ、2人で「10…18年?」と口を揃えて、再び「うわ~」と抱擁した。

 2人は小学生時代にNHK「天才てれびくん」で共演しており、番組では生田・11歳、ウエンツ・10歳当時の映像が流された。「天才-」の司会だったコンビ・キャイ~ンについて、ウエンツが「キャイ~ンさんへの思い入れが、他の人たちとは違うんだよね」と語ると、生田も「本当に世話になりましたからね」としみじみ。

 当時をなつかしむ2人に対し、ロケで共演した岡田将生が完全に取り残されてしまい、生田が「この2ショット見て興奮しないの?ある一定の層はものすごい興奮するんだぞ」と問うと、岡田は「まあ、しないです」と苦笑。ウエンツが「なんて正直者だ」と突っ込んでいた。

最終更新:8月9日(火)19時59分

デイリースポーツ