ここから本文です

阪神 5点の先制許す、岩貞はKO降板

デイリースポーツ 8月9日(火)19時41分配信

 「広島-阪神」(9日、マツダスタジアム)

 阪神が三回に広島打線に8者連続出塁を許す猛攻を浴びて5点を先制された。

 先発の岩貞がリズムを失った。この回先頭の石原に左前打、続く投手のジョンソンにバスターを決められ左中間へ二塁打。田中に死球を与え無死満塁とし、菊池に左前適時打を浴びて先制点を献上した。さらに丸に押し出しの四球を与えるだけでなく、ルナにも2点左前適時打を痛打された。

 苦しい投球は立て直せず、新井に四球を与え再び無死満塁とした所で岩貞が降板。悪い流れは断ち切れず、2番手・松田が6番・鈴木に押し出し四球を与えた。7番・下水流を三塁への併殺打に打ち取るまで8者連続出塁。この回、打者11人の猛攻だった。

 岩貞の広島戦通算成績はこの日の試合前まで9試合で5敗。マツダスタジアムも相性が悪く4試合で2敗していた。

最終更新:8月9日(火)21時26分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。