ここから本文です

後藤がV2へ怪気炎「G1のGは後藤のG!」=新日本G1

スポーツナビ 8月9日(火)0時3分配信

 新日本プロレスの真夏の祭典「G1CLIMAX 26」第15戦となる神奈川・横浜文化体育館大会では、Aブロック公式戦5試合が行われ、超満員となる4065人を動員した。この日の結果により、オカダ・カズチカ、棚橋弘至、後藤洋央紀、バッドラック・ファレ、丸藤正道の5選手が、5勝3敗の10点で首位に並ぶ展開に。優勝決定戦進出者は、12日の東京・両国国技館での最終公式戦に委ねられた。

 メインイベントでは、後藤洋央紀が地元・神奈川県出身の真壁刀義を撃破。「G1のGは後藤のG!」と、8年ぶり2度目の優勝へ怪気炎を上げた。
 意を決してCHAOS入りしたものの、何の実績も残せていない後藤は、その覚悟を示すべく、場外戦で真壁に鼻から出血させると、ミドルキック、村正、バックドロップ、串刺しラリアット、ダイビングエルボードロップ。真壁も延髄ラリアット、ジャーマンスープレックスからスパイダージャーマンで投げ、キングコングニードロップを狙うが、後藤は間一髪かわす。ラリアットの相打ちでは打ち負けた後藤だが、旋回式の牛殺し、GTRとたたみかけて勝負を決めた。

 試合後、後藤はリング上から「優勝するぞ! G1のGはなんだか分かるか? そう、G1のGは後藤のG!」と絶叫。最終公式戦で戦うノアの丸藤が「G1のGはGHCのG」と発言していたと聞くと、「オレは最初から優勝しか見えていない。G1のGは後藤のGだと証明する」と、リング上の結果で正しい答えを導くと言い切った。

最終更新:8月9日(火)0時3分

スポーツナビ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]