ここから本文です

阪神が反撃、江越&狩野がタイムリー

デイリースポーツ 8月9日(火)20時6分配信

 「広島-阪神」(9日、マツダスタジアム)

 阪神が5点を追いかける五回に2点を返した。

 この回先頭の代打・坂本がプロ初となる右翼フェンス直撃の三塁打。この日、プロ初の1番でスタメン出場した江越が右翼線への適時二塁打で続いた。さらに、1死三塁から3番・狩野が右前適時打を放った。

 打線は四回まで広島先発・ジョンソンを攻めきれず。四回には2死からゴメス、北條の連打で塁を賑(にぎ)わしたが得点には結びつかず。ジョンソンとは今季2試合の対戦で1敗を喫していた。

最終更新:8月9日(火)21時26分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報