ここから本文です

魔女の宅急便の「ニシンとカボチャのパイ」が食べられる! 「ジブリの大博覧会」コラボメニュー第2弾が登場

ねとらぼ 8月9日(火)20時27分配信

 六本木ヒルズ展望台で開催中の「ジブリの大博覧会」にあわせて、隣接するカフェ「THE SUN」がジブリの世界観を表現したメニューを提供中。「ラピュタパン」などに続く第2弾として、新たに「ニシンとカボチャのパイ」「天空のかき氷」「ドロップソーダ」の3品が8月10日から登場します。

【飛行石っぽい「天空のかき氷」】

 「魔女の宅急便」にも登場した「ニシンとカボチャのパイ(1480円)」は1日限定50食。ニシンとカボチャやブロッコリーをホワイトソースで仕上げたパイで、ベーコンとチーズの味わいがアクセントになっています。パイ生地には映画と同じく魚のイラスト入り。「あたしこのパイ嫌いなのよね」のせりふは控えましょう。

 「天空のかき氷(900円)」は、レモン味とメロン味の2層に分かれたシロップが楽しめるかき氷。パチパチキャンディと飛行石のように鮮やかな色合いのブルーハワイゼリーが添えられています。

 「ドロップソーダ(650円)」は昔懐かしいドロップ飴のドリンクを、ミント風味とトニックソーダで爽やかな大人の味わいに仕上げたもの。中にはおはじき……ではなくドロップに見立てたカラフルなグミが入っています。

 販売期間は「ジブリの大博覧会」開催期間と同じ9月11日まで。営業時間は11時から22時。入場には展望台入館料(一般1800円)か「ジブリの大博覧会」の入場券が必要になります。

※価格は全て税込

最終更新:8月9日(火)20時27分

ねとらぼ