ここから本文です

宝塚歌劇団宙組新人公演「エリザベート」レベルの高い舞台に

デイリースポーツ 8月9日(火)21時23分配信

 宝塚歌劇団宙組新人公演「エリザベート」が9日、兵庫県の宝塚大劇場で行われた。歌唱力に定評のあるメンバーが主要人物を務め、レベルの高い舞台となった。

 死トートを演じた瑠風輝(るかぜ・ひかる)はこれが2度目の主演となった。174センチと長身で舞台映えのする容姿で、本公演でも歌手の役を演じるなど、歌の上手さも折り紙付き。それだけに自らの合格ラインも高く設置、「低い声が苦手で、最初が上手く出なかったのが悔しい。課題も多かった」と悔しさを見せた。

 本公演のトップスター朝夏まなとが赤と緑を組み合わせた、黒に見える深い紫のカツラを使用。だが「私は黒が似合わなくて…(シルバーと黒を混ぜた)彩輝直さんのトートの髪がステキだったので、それにいろいろと先輩方にアイデアをいただいて」とオリジナルのヘアで勝負した。

 もちろんヘアスタイルだけでなく、役作りにも腐心。『エリザベート』がタカラヅカで初演され今年で20年。今回が9度目の上演となる。「歴代の本公演はもちろん、新人公演でも多くの方がなさった役。朝夏さんからは『見るのも大切だけど、やりたいことやらないとダメだよ』と。課題も多かったけど、最後のシーンはトートの気持ちになることができたのでよかった」と振り返った。

 タイトルロールのエリザベートを演じた星風まどかもこれが2度目のヒロイン。初舞台からわずか3年だが、バウホールなどでも数々のヒロインを務めている劇団期待の娘役。今回もその期待に応え、少女時代から晩年までを丁寧に演じた。「曲が難しいので、楽譜とにらめっこの毎日でした。東京公演までにもっともっと歌唱力を上げたい」とこちらもさらなる成長を誓っていた。

最終更新:8月10日(水)7時13分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。