ここから本文です

巨人 沢村が圧巻セーブ!梶谷、筒香、ロペスを三者三振締め

デイリースポーツ 8月9日(火)22時26分配信

 「巨人5-2DeNA」(9日、東京ドーム)

 巨人・沢村拓一投手が圧巻の投球で試合を締めくくり、28セーブ目を飾った。

 3点リードの九回に登板し、梶谷、筒香、ロペスの強力クリーンアップを三者三振。危なげなく、本拠地のファンに勝利を届けた。

 7日の広島戦では九回に登板し、1点のリードを守り切れずに痛恨の逆転サヨナラ負け。そのショックを振り払うように、相手の中軸を力でねじ伏せた。試合後、沢村は「チームが勝ったからいい。また明日、頑張ります」と自身の投球を振り返ることなく次戦を見据えた。

 今季は開幕から抑えとして44試合に登板し、防御率1・81。高橋監督は「前回も悪いと思ってないし、ずっといいボールを投げてくれている」とうなずけば、村田ヘッドコーチも「抑えは過酷やし、精神的に参る。でも、頑張ってるんやから」と、タフネス右腕をたたえた。

最終更新:8月10日(水)9時36分

デイリースポーツ