ここから本文です

【MLB】岩隈、7回零封の快投で13勝目! マリナーズは完封勝ちで4連勝

ISM 8月9日(火)16時37分配信

 シアトル・マリナーズの岩隈久志投手が現地8日、地元でのデトロイト・タイガース戦に先発登板。7回を5安打、1四球、8三振、無失点の快投で今季13勝目(7敗)を手にした。マリナーズは3対0で勝利し、連勝を4に伸ばした。

 6月22日の同カードでは4回2/3を11安打、5失点の乱調で負け投手となっていた岩隈。しかし、この日は今季最多タイの8三振を奪う力投を見せた。降板後に「試合に負けた時はいつも、立ち直ってその負けを取り戻すことを考える。今日は借りを返すことができて満足している」と通訳を介して話すと「チームは今連勝中だから、それを止めたくなかった」と語った。

 マリナーズは2回に2本のタイムリーで2点を先制すると、8回には2死走者なしから青木宣親外野手、途中出場のギレルモ・エレディアの連打で1点を追加し、勝利を引き寄せた。青木は4打数1安打、1三振、1得点の内容。9回から登板したルーキー右腕エドウィン・ディアス投手が今季5セーブ目を挙げた。(STATS-AP)

最終更新:8月9日(火)16時37分

ISM

スポーツナビ 野球情報