ここから本文です

みるきー、涙ぬぐってNMB卒業「最高のアイドル人生、幸せでした」

オリコン 8月10日(水)0時38分配信

 アイドルグループ・NMB48の1期生、みるきーこと渡辺美優紀(22)が9日、大阪・難波のNGT48劇場で卒業公演を行った。「最高のアイドル人生を送れました。幸せでした」とファンに感謝の気持ちを伝え、「みるきー」コールが飛び交うなか、2011年元日の劇場デビューから5年7ヶ月の活動に終止符を打った。

【写真】涙で歌えなくなった渡辺美優紀を山本彩がフォロー

 序盤のMCでは、初代センターの渡辺が、デビュー曲以来5年ぶり2度目の単独センターを務めた15枚目のシングル「僕はいない」(3日発売)がオリコン週間1位を獲得したことをファンに報告。恒例のたこ焼き型くす玉を割り、「ホッとしています」とみるきースマイルを浮かべたが、自己紹介では「本当に最後のステージなので、言葉に表せないくらいの…」と言葉を詰まらせ、涙をぐっとこらえて「よろしくお願いします!」とあいさつした。

 これまでの活動の軌跡を振り返る映像が映しだされたあと、一人で登場した渡辺は、卒業ソングのソロ曲「夢の名残り」を歌唱。山本彩ら1期生の同期メンバーが合流した「卒業旅行」では感極まってあふれる涙をぬぐい、歌えなくなってしまった。メンバーにフォローされた渡辺は「こらえていたものが、みんなの顔を見ると安心して、涙が出てしまいました。みんな来てくれてありがとう」と駆けつけた同期に感謝した。

 卒業セレモニーでは、所属するチームBIIのメンバー、1期生、みるきー選抜の前座ガールズがステージ上に大集合。花束や卒業証書、花冠、色紙や思い出ボードをプレゼントされた渡辺は「ステージ、ライブは私の味方。どんなときでも自分らしくいられる場所で楽しかった」と振り返り、「思っている以上にメンバー、スタッフ、そして皆さんに支えられていて、私は全然一人じゃないということに、卒業発表してから気づきました」と胸中を明かした。

 「言葉では表せないくらい感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございました」と笑顔をみせた渡辺は、「最後はしんみりじゃなく、私のあの曲を皆さんで歌ってくれますか?」と呼びかけ、ソロ曲「わるきー」で締めくくり。「こんな何をしでかすかわからないような、破天荒な私をずっと好きでいてくれた皆さんのこと、めっちゃ好きです。本当にありがとうございました!」と感謝し、劇場を巣立った。

 卒業後の活動については明言しておらず、今月21日に都内で開催される『渡辺美優紀 ファーストスタイルブック MILKY』(22日発売)の発売記念握手会以外の活動は未定。

最終更新:8月10日(水)18時14分

オリコン