ここから本文です

再婚の加護亜依「やっ~~と幸せを掴んだ」

オリコン 8月9日(火)13時21分配信

 元モーニング娘。でタレントの加護亜依(28)が9日、自身のブログを更新。きのう8日に38歳の美容関係の会社経営者との結婚を発表した加護は改めて「やっ~~と幸せを掴んだ気がします」と心境をつづった。

【画像】幸せいっぱい! 直筆FAXで「入籍しました」

 「ありがとうございます!」のエントリーで「ブログやツイッターでの温かいメッセージ関係者の方や友人達からも沢山の祝福のメッセージが届き本当に本当に! 幸せです」と感謝した加護。「ファンの皆さんの優しさが本当に何よりも嬉しかったです!!! ありがとうございます」と続けると「やっ~~と幸せを掴んだ気がします」と喜びを記した。

 「これから始まる新しい生活は笑顔が絶えない毎日になると思っています 昨日の沢山の愛あるメッセージ私以上に旦那くんがとっ~~ても喜んでいました!笑」と伝えると「私は、これからも更に歌手活動等変わらずに頑張っていくので応援よろしくお願いします!」と呼びかけている

 加護は2011年12月に会社役員の安藤陽彦氏と結婚、翌年に女児を出産した。14年7月にガールズユニット・Girls Beat!!として音楽活動を再開させた矢先の10月、安藤氏が違法な高金利で金を貸し付けた出資法違反容疑で逮捕(後に不起訴)され、15年8月に自身のブログで離婚を報告している。

最終更新:8月10日(水)15時17分

オリコン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。