ここから本文です

La PomPon、初始球式で6人同時“奇策投球” HINA「99点」

オリコン 8月9日(火)20時45分配信

 平均年齢16歳の6人組グループ・La PomPon(ラ ポンポン)が9日、千葉・QVCマリンフィールドで行われたプロ野球、東北楽天ゴールデンイーグルス対千葉ロッテマリーンズの始球式に登場した。

【動画】La PomPon・”6人同時”投球

 同グループは9月7日にリリースされる両A面シングルで、1991年に発表した事務所の先輩であるMi-Keの「想い出の九十九里浜」をカバー。ミュージックビデオも九十九里浜で撮影が行われたことから、始球式を務めることとなり、この日の背番号はおそろいの「99」。

 メンバーのHINAがマウンドに上がり、HINAを囲むようにほかのメンバーもセットポジションに。「プレーボール」のかけ声で「よろしくお願いします」と元気良くあいさつすると、まさかの“6人同時”に投球モーションに入ると球場からは大きなどよめきに包まれた。

 6人の息のあった同時投球は、HINA以外のメンバーはフェイク。意表をつき勢いよく放たれたボールは惜しくもワンバウンドで、キャッチャーを務めた平沢大河選手のミットに収まった。

 始球式後の囲み取材では、「初めての経験だったので緊張した」と興奮冷めやらぬ様子で、投球を担当したHINAは「朝練もしてきて自信もあって、『これはいけるぞ』っと思ったんですけど、ワンバンだったんで99点です」と満足げに話した。

最終更新:8月10日(水)12時53分

オリコン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。