ここから本文です

86歳イーストウッド監督のさらなる挑戦 最新作のIMAX版上映が決定

オリコン 8月10日(水)12時0分配信

 クリント・イーストウッド監督(86)が、2009年にニューヨークのハドソン川で起こった航空機事故の生還劇を描く『ハドソン川の奇跡』(9月24日公開)のIMAX版での上映が決定した。

【動画】『ハドソン川の奇跡』予告編

 イーストウッドの長い監督キャリア史上、最大のヒット作とった名作『アメリカン・スナイパー』の次に選んだのは、未曽有の航空機事故からの“奇跡”の生還劇の裏に隠された実話。『フィラデルフィア』『フォレスト・ガンプ/一期一会』で2年連続アカデミー賞主演男優賞を受賞したトム・ハンクスと初タッグを組む。

 御年86歳イーストウッド監督は、“新たな挑戦”としてIMAX版での上映を選び、本編95分間ほぼすべてのシーンを、最新カメラ「ALEXA IMAX 65mm カメラ」で撮影。今年公開の映画『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』でも一部のシーンのみ採用された6Kの高解像度の映像世界で、航空機事故の全貌を臨場感たっぷりにほぼ全編にわたって、大スクリーンで体感することができる。

 IMAXカメラでの撮影について「気に入ったよ。とてもね。IMAXの人々はすばらしかった。彼らの最新のカメラを持ってきたんだ。ちょうどカメラができたところだった。いくつかフッテージを撮影して確認したよ。この作品映像は、とても鮮明に見える。ものすごく鮮明なんだよ」と話している。

最終更新:8月10日(水)12時0分

オリコン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。